アパート経営の失敗事例から学ぼう!不動産投資成功への道

real estate

人気な理由と特徴

real estate

駐車場の施工ではコンクリート舗装が人気です。施工後の手間がかからないことが最大のメリットです。施工には様々な方法があります。手間がかかるものはありますが、建物にあった方法があります。望んでいる外観の照らし合わせが重要です。

詳しくはコチラ

戸数ではなく棟数で判断

currency

マンション管理会社は、大手から中小の管理会社があり規模が数百戸のマンションや、数戸しかないマンションまでを管理しています。戸数の大きいマンション程管理がしやすく、戸数が数十戸のマンションを50棟管理していても、管理する側は棟数が多くなると手間がかかります、その中で評判を落としている会社があります。

詳しくはコチラ

売却をできない想定が重要

他の人の、アパート経営を失敗しない事例を見てみませんか?それを踏まえて経営の成功法をGET!高い副収入が望めますよ。

割安で一棟ごと投資が可能

graph

不動産投資を行う上では1部屋だけに投資よりも複数の部屋を所有して借り手を募る方が空室リスクのパーセンテージは低くなります。一方で多くの部屋を所有すればするほど、大量の資金が必要となります。そして、多くの部屋を所有しながらそのための資金が比較的少なくて済む方法がアパート経営です。今日のアパートは木造建築の技術の進展もあり、居住スぺースの中に関してはマンションと変わらない性能を有しています。それだけにアパート経営は不動産投資の中でも人気の高まっている投資スタンスの一つです。しかし、アパート経営にはマンション経営とは異なるリスクがあり、そのリスクに基づく失敗事例も少なくありません。中でも多くの失敗事例の要因となるのが、将来的な売却の難しさです。

早い減価償却

アパートの場合木造建築ですので、鉄筋コンクリートなどのマンションと比べて減価償却が早くなります。ですから、いざ売却しようと考えた際に思った以上に査定価格が少なくなり、アパート経営の収支が合わなくなるというのが失敗事例によくあるパターンなのです。居住物件はどれだけ管理や手直しを行っても、新たに新築物件が出てきますので、落ちるスピードに差があるとはいえ、必ず収益力は落ちるものです。ですから、どこかのタイミングで投資物件を売却することが不動産投資を行う上で重要な要素となるのですが、木造建築物は建物の価値の下落のスピードが速いので、特にローンを組んで投資物件を購入した場合、借り手もつかないし物件も売れない、という事態に陥る事例が少なくないのです。だからこそ、アパート経営で失敗しないためには、予め借り手がつかなくなった時には更地にして売る、もしくはアパートを取り壊して新たな用途で土地を活用することを想定し、そのために必要な資金を差し引いた上でも収益が出せるのか、という判断をした上でアパート経営の対象物件を購入することが大切なのです。

事例が教えてくれる事

real estate

将来を見据えて、アパート経営をするなら失敗事例を見た方が良いかもしれません。そこから学べることが沢山あり、今後の経営へ活かすことができます。失敗事例をみていき、リスク回避に務めましょう。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • ペガサスハウジング

    賃貸物件の情報を確認したい時にも役立ちますよ。収益物件を大阪で売買したいならコチラがオススメ出来ます。
  • サブリース比較君

    サブリースに強い優良会社を見つけることができます。こちらは登録会社が多いので最適な会社をきっと見つけることができますよ!